iPhoneの種類・歴史について振り返る

これまでの歴史

iPhoneはこれまでにさまざまな歴史をたどって現在にいたっています。その歴史について振り返ってみましょう。まず、2007年に初代のiPhoneが登場しました。この頃はまだ3.5インチととても小さいサイズでした、今のものよりも二回りも小さいのです。この初代iPhoneの時点ですでに指によってディスプレイをタッチして操作できるようになっています。ただし、この初代iPhoneについては日本では発売されていません。

日本で本格的にiPhoneが発売されるようになったのはiPhone3Gです。これが2008年に発売されました。こちらからアプリが使えるようになり、より便利な端末となりました。アプリによってどんどん機能を拡張できるようになったのです。この頃はスマートフォンはまだ懐疑的に思われていたのですが、今ではすっかりガラケーの方が古いイメージとなっています。

四代目になると前面にカメラが搭載されるようになりました。そして、5代目になると4インチとなり縦長となります。さらにiPhone5sではついに指紋認証ができるようになりました。iPhone6ではより大きく薄くなりました。iPhone7からはイヤホンジャックが廃止されました。また、防水防塵に対応するようになりました。このようにして現在のiPhone8やiPhoneXにいたっているのです。さまざまな進化がありました。